22:25 2018年10月22日
オフィス(アーカイブ写真)

日本の働く母親、7割超え 調査開始以来で初

© Depositphotos / Imtmphoto
日本
短縮 URL
0 09

働く母親の割合が初めて7割を超えたことが、厚生労働省が20日に公表した2017年の国民生活基礎調査で分かった。

スプートニク日本

厚生労働省が発表した2017年国民生活基礎調査によると、働く母親の割合が7割を超えた。朝日新聞が報じた。

18歳未満の子を持つ母親は「仕事あり」が70.8%。うち正規が24.7%で非正規が37%だった。2004年の統計開始以来初めて7割を上回った。

最も年齢の低い子どもの年齢別の母親の就業状況をみると、正規は年齢にかかわらず20%台をキープする一方で、非正規では子どもの年齢が上がるにつれ上昇し、12〜14歳では47%となった。

16年の子育て世帯では平均所得は739万8千円で、世帯あたりでは平均560万2千円。それぞれ4.6%と2.7%増となった。

さらに、前年と比較すると、生活が「苦しい」と答えた人は55・8%に達し、0・7ポイント減ったと指摘。

関連ニュース

タグ
調査, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント