15:05 2018年10月24日
地下鉄

通勤公務員を減らせ 日本がテレワーク推進に具体策 五輪までのラッシュ緩和も念頭に

© Fotolia / Eyetronic
日本
短縮 URL
0 06

日本の公務員全体の人事を管理する内閣人事局の「霞が関働き方改革チーム」が効率化をはかり、公務員のテレワーク推進のための具体策の検討に乗り出すことになった。NHKが報じた。

スプートニク日本

「テレワーク」とは時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態。日本政府は、これによりオフィスへの移動が必要ではなくなることから、交通渋滞や大気汚染が緩和されるとして推進してきた。

ところが各省庁での推進が呼びかけられていたものの、昨年度の実態を調査した結果、総務省、厚生労働省以外は実施率は10%以下で広まってはいないことがわかった。このため、省庁ごとの対応ではなく、国家公務員全体の人事を管理する内閣人事局の「霞が関働き方改革チーム」で効率化の具体策の検討を進める。

日本の省庁は東京の霞が関に一極集中している。ここに通勤する公務員の数を減らすことで2020年の東京五輪も念頭にいれた交通緩和を目指す。

関連ニュース

日本政府、「空飛ぶ車」開発に21社を招待へ

東京五輪チケットの価格が発表 2020円券も

タグ
テクノ, 五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント