15:06 2018年10月24日
資料写真

日本、南クリルでの射撃訓練で露に抗議表明

© 写真: Sakhalin.info
日本
短縮 URL
1414

日本で「北方領土」と呼ばれているクナシル(国後)島、イトゥルップ(択捉)島、シコタン(色丹)島、ハボマイ(歯舞)諸島の周辺における10日の射撃訓練実施計画を理由に、日本がロシアに対して抗議を表明したと、東京での記者会見で菅官房長官が述べた。

スプートニク日本

ロシアは日本に対し、この区域で10日から射撃訓練を実施する計画を通告。日本は外交チャンネルを通じてロシアに対し抗議を表明した。抗議文は9日、在モスクワ日本大使館を介してロシア外務省に渡された。

産経新聞は、「(射撃訓練は)北方四島におけるロシア軍の軍備強化につながり、わが国の立場と相いれない」との菅官房長官の言葉を伝えている。

また、菅官房長官は「こうした問題の根本的解決のために、北方領土問題自体の解決が必要だ」とも述べ、ロシア政府との交渉を今後も継続していくと明言した。

関連ニュース

平和条約締結に関する提案は、「中間決定」=元駐日ロシア大使

タグ
露日関係, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント