23:40 2018年11月20日
ペンス米副大統領(アーカイブ写真)

首相、米副大統領と13日会談へ 強固な同盟を再確認

© REUTERS / Ivan Alvarado
日本
短縮 URL
0 41

日米両政府は、ペンス米副大統領が13日に来日し、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相とそれぞれ個別に会談する方向で最終調整に入った。関係者が6日、明らかにした。首相は北朝鮮の非核化や日本人拉致問題解決に向けた協力を重ねて求めるとともに、改善傾向にある中国との関係に理解を要請。外交の基軸に据える強固な日米同盟を再確認したい考えだ。

スプートニク日本

ペンス氏は対中政策に関する演説で、貿易不均衡や南シナ海の軍事拠点化など中国の外交手法を列挙し、痛烈に批判した。一方、首相は10月下旬の訪中で習近平国家主席らと会談、関係改善の流れを加速させており、米中との間合いに腐心しそうだ。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

日米、「尖閣防衛」机上訓練を実施

日本政府、米制裁で「日本企業の活動に悪影響が及ばないよう」期待 菅長官

タグ
マイク・ペンス, 安倍晋三, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント