17:09 2018年12月15日
サーロー節子さん(アーカイブ写真)

サーローさん、首相官邸訪問へ 6日、官房副長官と面会予定

© AFP 2018 / Odd Andersen
日本
短縮 URL
135

昨年12月のノーベル平和賞授賞式で被爆者として初めて演説したカナダ在住のサーロー節子さん(86)が6日に首相官邸を訪れ、西村康稔官房副長官と面会する方向で調整していることが分かった。政府関係者が4日、明らかにした。核兵器禁止条約への日本の参加を訴える意向。5日午後には、被爆地・広島選出の岸田文雄自民党政調会長と党本部で会う予定だ。

スプートニク日本

サーローさんは、国連での核兵器禁止条約の採択に尽力したとしてノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の活動と連携している。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

米、自国都市への核攻撃リスクを評価

INF崩壊に反対の日本 だが他の選択肢はあるのか?

タグ
ノーベル賞, 歴史, 武器・兵器, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント