06:26 2019年03月27日
「天ぷら大吉」「天ぷら大吉」

「天ぷら大吉」 礼儀作法を忘れて美味しい食事に満足できる店【写真】

© 写真: SoraNews24 © 写真: SoraNews24
1 / 2
日本
短縮 URL
0 16

大阪には、一風変わった飲食チェーン「天ぷら大吉」がある。店では昼夜を分かたず、美味しそうなサクサクとした音を立てる天ぷらとあさりの味噌汁を客に提供している。その際、客に対しては、食べ終わったあさりの貝殻を直接床に投げ捨てることが単に許されているのではなく、勧められてさえいる。

スプートニク日本

ネットメディア「ソラニュース24」が伝えている。

「天ぷら大吉」の店が持つ魅力の秘密は、何よりもまず、非常に新鮮な食材から巧みに作られる料理の魅惑的な味と、その比較的低い価格にある。だが、さらにもう1つ、これらの店を訪れることに魅力を付け足しているディテールがある。

「天ぷら大吉」の店では、客が約束事の重荷を投げ捨て、礼儀作法のことを考えず、空っぽになったあさりの貝殻を自分や他の客の足下に投げ捨てることができるのだ。

1 / 5
「天ぷら大吉」

「天ぷら大吉」の客はこの習わしのお陰で、絶対的な自由にうっとりさせられるような感覚を味わうことができる。

注目すべきは、日本人の間でも外国人観光客の間でも急速に人気を獲得した「天ぷら大吉」の営業時間が、各店によって異なるということだ。

例えば、堺魚市場内にある店の場合、平日は深夜0時に開店し、店に入るための行列が翌朝まで絶えないという。

関連ニュース

NYレストランでラグーの皿から高価な真珠が発見【写真】

インドネシアのレストラン、便器からの料理をグルメに提供(写真)

タグ
食品, びっくり, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント