05:00 2019年11月20日

「退位礼正殿の儀」 天皇陛下、国民への最後のおことば

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
日本
短縮 URL
181
でフォローする

日本で30日、国事行為の「退位礼正殿の儀」が執り行われた。天皇陛下は「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と、在位中最後のおことばを述べられた。NHKが報じた。

スプートニク日本

「退位礼正殿の儀」には、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻などの皇族方や閣僚らが参列した。安倍首相が国民代表の辞を述べた後、天皇陛下が国民への最後のおことばを述べた。

 天皇陛下は「即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べ、「明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と結んだ。NHKが報じた。

関連ニュース

プーチン大統領、在位中の露日関係への配慮に対し、天皇陛下に感謝を表明

トランプ大統領、天皇皇后両陛下に感謝を表明

タグ
明仁天皇, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント