01:06 2019年09月22日
小泉環境相

小泉環境相が福島県知事と会談 「約束を守れるよう全力を尽くす」

© REUTERS / Issei Kato
日本
短縮 URL
106
でフォローする

小泉進次郎環境相は12日、就任後初めて福島県を訪問し、内堀知事と会談した。小泉氏は、福島第1原子力発電所事故で出た除染廃棄物を30年以内に県外に運び出して最終処分する方針について「約束を守れるよう全力を尽くす」と述べた。

NHKによると、小泉氏は12日、福島県庁を訪れ、内堀知事と会談した。知事は、除染で取り除いた土などの廃棄物を保管する中間貯蔵施設について「県内に施設を受け入れたことは苦渋の決断だった。廃棄物は30年以内に県外に運び出すと定められているが、これは国との約束だ」と述べた。

これに対して小泉氏は「約束を守れるよう全力を尽くす」と述べた。

小泉氏は会談後、「まずは、廃棄物を安全に中間貯蔵施設へ搬入してもらいたいという県民の思いを実現し、知事や県民とともに復興を進めていく」と語った。NHKが報じた。

またNHKは13日、原子力防災を担当する小泉氏が、内閣府の原子力防災担当の職員を集めてあいさつし、「東日本大震災や福島第1原発事故では「底が抜けるような恐怖」を感じたと述べ、「緊張感を緩めず、職責の重さを常に忘れずに、福島の教訓を絶対に忘れることなく、この仕事に取り組む」と述べたと報じた。

関連記事

タグ
日本, 福島
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント