23:13 2019年12月13日
日本航空(アーカイブ写真)

日本航空に2度目の事業改善命令 パイロットの飲酒問題で

© AP Photo / Michael Dwyer
日本
短縮 URL
0 20
でフォローする

国土交通省は、乗務前のパイロットの飲酒が相次いでいる日本航空(JAL)に対し、8日にも昨年12月に続く2度目の事業改善命令を出す方針。NHKが報じた。

NHKによると、日本航空は2018年10月のパイロットによる飲酒問題で事業改善命令を受け、2018年12月の客室乗務員による機内での飲酒問題でも業務改善勧告を受けた。日本航空は対応を強化したものの、今年に入ってからもパイロットによる飲酒問題が3件相次いでいた。

NHKは、「日本航空が飲酒問題で事業改善命令を受けるのは去年12月に続いて2度目で、異例の事態となっている」と報じている。

関連ニュース

パイロットの飲酒は航空業界に古くからある問題だった

タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント