04:48 2019年12月06日
フランシスコ法王、長崎で

他者への理解を訴えるローマ教皇 東京ドームで大規模ミサを執行 

© REUTERS / Remo Casilli
日本
短縮 URL
0 42
でフォローする

25日、ローマ教皇は東京ドームで5万人が参加する大規模ミサを執り行った。FNNプライム(フジテレビ)が報じた。

ミサに参加したのはカトリック教会の聖職者と、老若男女さまざまな民族の信者らだ。将棋棋士でカトリック教徒の加藤一二三さんの姿もあった。

​また、袴田巌死刑囚も今回の大規模ミサに招かれた。袴田巌さんは、袴田事件の遺留品のDNA鑑定の結果執行猶予となるまでの48年間、死刑囚として収監されていた。

​ミサ開始時間に教皇が燃料電池型オープンカー「パパモービレ」に乗って現れると、信者らは日本とバチカン市国の旗を振って歓迎した。教皇は朗らかな笑顔で手を振り、信者との交流を行った。

教皇はミサの説教で「異なる宗教を信じる人々も含め、協力と対話を重ねる」大切さを信者らに伝えた。また、教皇は、日本では社会的に孤立している人が少なくない、多くの人が不安を感じていることに触れ、他者を思いやり、理解に努めるように訴えた。

関連ニュース

タグ
日本, ローマ法王
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント