02:05 2020年11月24日
日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は5日、IOCの新委員として国際サッカー連盟(FIFA)のジョヴァンニ・インファンティーノ会長、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(62)、国際テニス連盟のデービッド・ハガティ会長の3人を推薦することを決めた。

バッハ会長はスイスのローザンヌで開かれたIOC理事会の会議を総括して、記者会見にのぞみ、山下氏、インファンティーノ氏、ハガティ氏の3人をIOCの新メンバーとして推薦すると発表した。

新委員の就任の最終決定は2020年1月のIOC総会で決められる。

山下泰裕氏は柔道の五輪金メダリストで世界選手権で4冠、全日本選手権9冠。2019年7月27日から日本オリンピック委員会の会長に就任している。

タグ
柔道, スポーツ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント