20:34 2020年07月05日
日本
短縮 URL
0 74
でフォローする

沖縄県警は1日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む離島の警備にあたる国境離島警備隊を発足した。産経新聞が報じた。

これまで海上保安庁の巡視船に警察官を乗せて警戒に当たっていたが、沖縄県警は今回、離島への武装集団の不法上陸などの対応を専門にした警備隊を設立した。

警備隊は他の都道府県警の出向者を加えて計151人で構成。隊には自動小銃が装備される他、隊員を輸送する大型ヘリコプターが那覇空港や福岡県内に配備される。沖縄県警は1日、発足式を行い、小林雅哉隊長は「いかなる事案にも適切に対処できるよう、訓練を積み重ねていく」と決意を述べた。

​毎日新聞によると、警備隊は不法上陸などが発生すれば大型ヘリ、海上保安庁の巡視船で現場に向かい一時的に対応するが、武力攻撃を受ける事態になれば自衛隊に海上警備行動や治安出動が命じられる。

関連記事

タグ
日本, 尖閣諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント