20:16 2020年05月29日
日本
短縮 URL
0 011
でフォローする

新型コロナウイルス感染について厚生労働省の専門家チームが、国内で防止対策が何も取られなかった場合の推計を示し、最悪の場合、およそ40万人以上が死亡すると発表した。NHKニュースが伝えている。

厚生労働省は国内の感染拡大を防ぐため専門家による対策チームを立ち上げ、15日、メンバーである北海道大学大学院の西浦博教授らが感染拡大の推計などを発表した。

それによると、人工呼吸器などが必要となる重篤な患者の人数について、外出自粛などの感染防止対策を何も行わなかった場合、感染が拡大始めてからおよそ60日でピークを迎えるとしている。その際の重篤患者は約85万人以上に上ると推計。

中国でも重篤患者の半数が死亡しているという調査を踏まえ、必要な治療が受けられない場合は日本国内でも半数にあたるおよそ40万人が死亡すると推計している。

専門家は「感染拡大の防止には人との接触を減らすことが有効。外出を極力控えてほしい」と呼びかけている。


医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント