00:33 2020年05月26日
日本
短縮 URL
0 02
でフォローする

日本政府は20日、新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国民1人当たり10万円の一律給付を実施するため、2020年度補正予算案の組み替えを行い、閣議決定する。日本のマスコミが報じた。

報道によると、日本政府は、収入が減少した世帯を対象に30万円の給付を行う方針だったが、1人10万円の一律給付の実施を決めたため、12兆8803億円の費用が必要となることから、歳出総額は8兆8857億円増えて25兆6914億円となる。

これにより、緊急経済対策の事業規模は約108兆円から約117兆円に拡大する。

関連ニュース



スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント