19:01 2021年03月08日
日本

辺野古への陸自常駐で極秘合意 2015年=マスコミ

日本
短縮 URL
0 25
でフォローする

共同通信と沖縄タイムスは25日、日米両政府関係者の証言をもとに、2015年に日本の陸上自衛隊と米国の海兵隊が、沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブに陸上自衛隊の「水陸機動団」を常駐させることで極秘に合意していたことが分かったと報じた。

共同通信は、「日米の共同利用が実現すれば沖縄の負担がさらに増え、強い反発が予想される」とし、合意は防衛省全体の決定を経ておらず、「背広組の内部部局からは、文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱した『陸の独走』との批判もある」と報じた

日本の加藤官房長官は25日の記者会見で、この報道について「政府として、報道にあるようなキャンプ・シュワブの共同使用により、陸上自衛隊の水陸機動団を配備する計画は有していない」と否定した。

また、加藤氏は、日米の制服組同士が陸自の常駐計画を検討しているという事実があるかどうかを問われ、「そうした合意や計画があるとは承知していない」と述べた。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント