21:17 2021年05月16日
日本
短縮 URL
0 13
でフォローする

日本の菅義偉首相は8日の衆院予算委員会で、日本国内での新型コロナウイルス用ワクチンの接種の開始時期が諸外国よりも遅れをとっている理由について「欧米諸国の治験データのみではなく、日本人を対象とした治験を行う必要があることなど有効性や安全性に配慮した結果、時間を要した」と説明した。日本のメディアが報じている。

菅首相は遅れている要因に「日本では感染者数が欧米諸国より少なく、治験に発症者数が集まらないため結果が出るま時間を要する」こと、「人種差が想定されるため、日本人を対象として一定の治験を行う必要がある」ことなどを挙げた

その上で「ワクチンの有効性と安全性に配慮した結果、時間を要した」と説明した。

また河野太郎ワクチン担当相は今後の接種体制について、必要な人件費は国が負担し、自治体に負担が生じないようにすると述べた。さらにワクチンの変異ウイルスへの有効性に関しては「一定の変異には一定の有効性が保たれるという調査結果もある」と指摘した

関連記事

 

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント