17:12 2021年07月27日
日本
短縮 URL
0 02
でフォローする

日本の東京電力は25日、福島第一原発内の汚水処理水を保管するタンクの位置が、13日の地震でずれたとする調査結果を公表した。東京新聞が報じている。

数あるタンクのうち、位置がずれたのは53基。タンクのずれは最大で19センチであることが分かった。現時点では水漏れは確認されていない。

東電は、同原発内にある1074基のタンクの点検を14日から開始し、24日に全ての調査を終えて結果をまとめた。

この影響で一部のタンクの使用を中止したことが分かった。また、高濃度の放射性物質を含む汚染水を処理する設備(ALPS)の運転も一時的に停止した。

日本では13日深夜、福島県沖でM7.3の地震が発生し、最大震度6強を観測した。福島第一原発があるエリアでは、この地震による揺れは震度6弱だった。

関連ニュース

タグ
日本, 福島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント