06:25 2021年10月19日
日本
短縮 URL
0 14
でフォローする

日本の国土交通省は、3D地図を活用し、太陽光パネルの設置に適した場所の分析を行うシステムの実証実験に着手する。産経新聞が報じた。

同分析システムは、昨年度に国土交通省が全国56都市を対象に手がけた3Dの都市モデルを活用して作成する。

3Dモデルは人や物の流れ、防災、まちづくりに役立てるために自治体の基礎調査などに基づきつくられた。このモデルを活用することで、太陽光パネルの設置場所やサイズなどを推計することが可能となる。

​26日、日本政府は改正地球温暖化対策推進法を成立させ、その中で2050年の脱炭素社会実現を明記、目標達成のために再生エネを普及させる考えを強調した。

国交省は、自治体などが太陽光発電を拡充するにあたり同分析システムが有効に活用され、脱炭素都市を実現するための一介となればと期待する。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント