09:30 2021年08月04日
日本
短縮 URL
0 110
でフォローする

日本の立憲民主党、共産当、国民民主党、社会民主党の野党4党は15日午前、菅内閣不信任決議案を合同で衆議院に提出した。本会議で採択が行われ、自民党、公明党、日本維新の会などの反対多数で否決された。共同通信が報じている。

15日午前、立憲民主党の安住国対委員長は記者団に「菅内閣の新型コロナウイルスの失敗や経済対策等の不十分な対応は、全て不信任に価する」と語った

同じく本会議に先立ち、自民党の二階幹事長は、首相から「粛々と否決したい」と指示があったことを明らかにした。今国会中の衆院解散については「常識的にはないだろう」と明言していた。

菅義偉首相は新型コロナウイルス対策の切り札と位置付けるワクチン接種を優先させるため、今国会での衆院解散を見送る。


関連記事

日本では今秋にも新たな総理が誕生か?=専門家の意見

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント