20:56 2021年07月24日
日本
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (379)
0 04
でフォローする

東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、大会関係者の輸送を円滑にするためのシステムを紹介した。NHKが伝えている。

そのシステムとは、大会関係者がスマートフォンのアプリを使って目的地を登録し、乗り込む際にドライバーが利用者のIDカードを読み込むと、カーナビに行き先の情報が表示されるというもの。開発を担当したのは、大会のスポンサーであるトヨタ自動車。

かつて水産物や青果物を扱う築地市場があった広大な跡地は、大会開催中、オリンピック・パラリンピックの車両基地となる。ここにシステムのオペレーションセンターが設置され、システム利用者は、車両の走行位置や遅延状況を把握できるようになるという。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (379)
タグ
トヨタ, 五輪, 東京, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント