06:03 2021年07月26日
日本

行方不明だったウガンダ選手 大使館、21日中にも帰国させる方針=マスコミ

日本
短縮 URL
0 10
でフォローする

日本の大阪府泉佐野市で東京オリンピックの事前合宿中に所在が分からなくなり、20日に三重県四日市市内で発見・保護されたウガンダ人選手について、在日ウガンダ大使館はコメントを出し、早ければ21日中にも帰国させる方針を明らかにした。日本のマスコミが報じた。

東京オリンピックの事前合宿中にホテルを抜け出して行方が分からなくなっていたウガンダのジュリアス・セチトレコ選手(重量挙げ)が20日、三重県四日市市内で発見・保護された。

NHKなどの日本のマスコミによると、セチトレコ選手は21日、警察に付き添われてウガンダ大使館のある東京都内に移動した。同選手は、難民申請をしたいとの意向を示しているという。

ウガンダ大使館は21日、「現在日本の関係機関と調整しているが、セチトレコ選手について早ければきょうにも帰国させる」とのコメントを出した。MBS NEWSが報じた。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント