23:32 2021年09月20日
日本
短縮 URL
0 03
でフォローする

パズル「数独」の命名者で、日本のパズル制作会社「ニコリ」を創業した同社前社長の鍜治真起(かじ・まき)さんが10日、胆管がんのため死去したことが分かった。69歳だった。日本のメディアが報じた。

鍜治さんの葬儀は近親者のみで執り行われた。後日お別れ会を開く予定で、日程が決まり次第「ニコリ」のホームページで発表されるという。

鍜治さんは1951年、札幌市生まれ。80年にパズル専門誌「パズル通信ニコリ」を創刊、83年に「ニコリ」を設立した。

80年半ば、米国で「ナンバープレース」と呼ばれていたパズルを「数字は独身(一桁、一度きり)に限る」と命名して掲載。略称の「数独(SUDOKU)」で単行本を発行し、日本国内外のパズル愛好者たちに人気のパズルとなった。

タグ
日本, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント