04:36 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    iPhone

    12歳の少女 iPhoneを取り上げようとした母殺害を試み逮捕

    © Flickr/ Kārlis Dambrāns
    社会
    短縮 URL
    0 0 0

    米コロラド州警察は、スマートフォンの使用を禁じた母親に対し、漂白剤を飲ませ殺害しようと2度試みたとして、12歳の少女を逮捕した。地元マスコミが一斉に伝えた。

    投票

    Opened till 2016年08月31日
    子供たちのインターネットやタブレット端末への依存度が高まるのを抑えるために何をするべきか?
    • 問題はない。タブレット端末とインターネットは、個性の発達に役立つ。
      9.1% (2)
    • 幼稚園や学校でインターネットやタブレット端末を過度に利用した場合の弊害を子供たちに説明する。
      54.5% (12)
    • 子供が長時間にわたってタブレット端末で遊ぶことを許可する親に罰金を科すよう少年司法制度に定める
      27.3% (6)
    • 全体主義国家の例にならってインターネットとタブレット端末を禁止する
      9.1% (2)
    投票数: 22
    金曜日、コロラド州ボルダ―郡警察は「今月初め、女子生徒が、母親のために準備した朝食用のミルクシェイクに漂白剤を混入した」と発表した。当初母親は、シェイクから塩素の臭いを感じたが「娘が、コップを洗った時、単によくすすがなかったせいだろう」と考えた。しかし4日後、女子生徒は、今度は両親の寝室にある水差しに漂白剤を入れた。

    警察発表によれば、その時母親は不信に思い、警察に通報した。そして捜査の結果、12歳になる娘が、母親が自分のiPhoneを取り上げた事に腹を立て、母親を殺害しようとしていた事が発覚した。

    タグ
    災害・ 謎・発見・スキャンダル, iPhone, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント