12:11 2017年12月18日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    月

    英国、老女の肉体を生きた少女が逝去

    © Flickr/ Steve
    社会
    短縮 URL
    0 60

    英国で先天的遺伝子異常を原因とする早老症でヘイリー・オキンスさん(17歳)が亡くなった。BBCが報じた。ヘイリーさんは4月2日、ベクヘリ市の自宅で両親に見守られながら短い生涯を終えた。直接の死因は肺炎だった。

    早老症の正式な病名はハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群。体内組織は通常の8倍の速度で老化するという稀有な病気で、例えば少女が17歳に達すると肉体年齢は104歳の老女になってしまう。

    医師らはヘイリーさんは13歳までしか生きられないと診断していたが、ヘイリーさんはそれより4年長い人生を全うした。ヘイリーさんは最近、米国で新薬の治療コースを受けていたが、肺炎にかかり、本国への帰国を余儀なくされていた。
    ヘイリーさんは14歳で自叙伝を表し、病についてのドキュメント映画にも出演していた。ワシントンポスト紙の報道では、ヘイリーさんは多くの場所を訪れ、チャールズ皇太子や歌手のカイリー・ミノーグさん、ジャスティン・ビーバーさんとも会っている。

    早老症は皮膚、体内組織に変化を起こす稀有な病気。世界で80人がこれに罹患している。

    タグ
    英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント