15:31 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    消息不明マレー機の一部か?インド洋レユニオン島で発見

    消息不明マレー機の一部か?インド洋レユニオン島で発見

    © AP Photo/ Rob Griffith
    社会
    短縮 URL
    0 35

    水曜日、インド洋上のフランス海外県でマダガスカル島の東方に位置するレユニオン島で、正体不明の飛行機の一部が見つかった。AFPが、消息を絶ったマレー機の調査に当たっているグループに近い筋の情報として伝えた。

    海岸を清掃していたチームの複数のメンバーが、サン・アンドレ近くの海岸で、約2メートルの長さの金属片を発見した。恐らく翼の一部と見られる。目撃者によれば、海中に長く沈んでいた様子で、表面は貝で覆われている。

    AFPは、一つの説だとしながらも、この破片が、昨年3月にインド洋上で消息を絶ったマレーシア航空機のものである可能性もあると伝えた。

    マレーシア航空機MH370便ボーイング777-200型機は、2014年3月7日から8日にかけての深夜、乗客227人、乗務員12人を乗せ、クアラルンプールから北京に向け飛行中、レーダーから機影が消えた。インド洋南部に墜落したと見られているが、現在も行方は分かっていない。

    タグ
    災害・ 謎・発見・スキャンダル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント