00:24 2018年10月23日
独、ナチス強制収容所に難民が収容

独、ナチス強制収容所に難民が収容

© Flickr/ Lars K Jensen
社会
短縮 URL
43024

ドイツで第2次世界大戦中、ナチスが設置し、5万人以上の囚人が殺されたブーヘンヴァルト強制収容所の旧バラックが中東、アフリカからの難民21人の避難所として使われている。

強制収容所が使われる決定は難民を収容する特別な施設の不足が原因。

男性の難民らはすでに数ヶ月間、ブーヘンヴァルト収容所で生活している。デイリーメール紙によると、収容所には難民キャンプとして利用するため、最低限の設備が整えられた。難民らは収容所に入る際に135ユーロの支給を受けており、定住地に送られるまでの期間、この範囲で必要な食料、物品を買わねばならない。

収容所にいる難民らは施設に満足しており、アルジェリア人移民のディヤール氏は「ここはいいところだ。他の人たちにはこんな条件ははい」と語っている。

ブーヘンヴァルト収容所はドイツ最大級の強制収容所のひとつ。1937年から1945年に 25万人の囚人が収容されていた。その間にここで死亡、殺害された市民の数は5万人から7万人とも言われている。

タグ
移民, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント