00:26 2018年02月26日
東京+ 5°C
モスクワ-13°C
    虎を恐れぬヤギのチムールが豪傑な理由、これだったか…

    虎を恐れぬヤギのチムールが豪傑な理由、これだったか…

    © Sputnik/ Vitaliy Ankov
    社会
    短縮 URL
    0 300

    あのヤギのチムールは餌として放り込まれていながら、なぜトラを恐れないのか。マスコミがその理由をつきとめた。実はチムースは小さいときからマスティフの一種のセントラルアジア・シェパードックと同じ檻で、常に血気盛んな犬に囲まれて育っていたのだった。

    チムールがいた農場経営者アイヴァズ・オヴォヤン氏の息子のアナトーリー氏の話では、農場にはズルムという名前の犬がいて、その毛色はほぼ虎に近い。チムールはこの虎に似た犬と一緒に餌を食べ、一緒に寝泊りしていた。

    しかもオヴォヤン氏の話では、チムールは一緒に生まれ育った犬たちや他の動物に喧嘩を仕掛けていたというのだ。

    アナトーリー氏いわく、「とにかくこのヤギはみんなをあっといわせたよ。外に出せば犬を打つし、犬の餌はとりあげるし、ヤギも打つし、羊なんか打ち殺したんだから。だからこいつは群れのなかにおいておくわけにいかなかったんだ。」

    こんなわけでもてあました農場主はヤギをサファリパークに連れて行くことにした。

    アイヴァズ氏は、「サファリパークに行こうとすると、あいつは自分から荷台に飛び上ったんだ。だから降ろすのはやめて、そのまま連れて行ったんだ。」

    アイヴァズ氏は、「虎がこのヤギを食べることは決してないだろう。チムールは、誰かが痛い目にあわせたら、そいつに20倍の仕返しをしてやるように育てられたんだから」と話を締めくくっている。

    タグ
    動物, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント