13:18 2018年10月17日
北京市 春節を祝う花火で有害なスモッグ発生

北京市 春節を祝う花火で有害なスモッグ発生

© REUTERS / Stringer
社会
短縮 URL
0 02

中国は8日、旧正月の春節を迎えた。北京市では、申年の新年を祝う花火や爆竹の影響で、有害なスモッグが発生した。

8日、中国の環境モニタリングセンターは、人体に有害な微小粒子状物質PM2.5の濃度が、世界保健機関が推奨する基準の30倍に達したと発表した。北京当局は大気汚染の悪化を受け、子供、高齢者、呼吸器疾患のある人々に、長時間の外出を控えるよう呼びかけた。

PM2.5は、肺の奥に入り込んで体内に蓄積される可能性があり、大量に吸い込んだ場合には、心血管系の障害を引き起こす恐れがある。

タグ
環境, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント