19:53 2018年09月21日
中国南部・柳州 酒にバイアグラを混入し製造・販売

米国人パイロット、飲酒操縦が摘発

© Fotolia / Joshua Resnick
社会
短縮 URL
0 31

米国人パイロットの中には飲酒状態で操縦している者がいることが米連邦航空局の調べで明らかになった。

酩酊状態が確認された例として列挙されたのはまず、アメリカン航空のあるパイロットで午前7時、デトロイト発の飛行前に行われたアルコール検査で2度もひっかかった。またアラスカ航空のパイロットもカリフォルニア発オレゴン行きの便で往復路とも酩酊状態で操縦した恐れがある。TVフォックスニュースが報じた。

米連邦航空局の規定では、パイロットは飛行開始前の8時間は飲酒を行ってはならず、血中のアルコール含有レベルも0.04%以下でなけれはならない。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント