04:50 2018年07月23日
国際情報通信社「ラシ-ヤ・セヴォードニャ」(スプートニクは傘下)

露首相、スプートニクを傘下にもつ通信社「ロシア・セヴォードニャ」創立75周年の祝辞

© Sputnik / Anton Denisov
社会
短縮 URL
0 130

ロシアのドミトリイ・メドヴェージェフ首相は、スプートニク日本もその傘下に入っている国際情報通信社「ロシア・セヴォードニャ(“今日のロシア”の意味)」の職員達に、創立75周年を祝うメッセージを送り「新たな創造的成功を祈る」と述べた。

メドヴェージェフ首相のメッセージの中では、次のように述べられている-

「あなた方のおかげで、何百万もの人々は、毎日、迅速に情報を受け取り、世界で起きている重要な出来事を知ることができている。」

6月24日、国際情報通信社「ロシア・セヴォードニャ」は、創立75周年の記念日を迎えている。首相は、そのあいさつの中で、1941年6月に基礎が置かれた伝説的なあのソヴィンフォルムビューロー(ソ連情報局)に端を発する通信社の長い歴史について言及した。

タグ
ドミートリー・メドベージェフ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント