16:03 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 11°C
    ハッカー

    米ウイルス 仏大統領をスパイ

    © REUTERS/ Kacper Pempel/Files
    社会
    短縮 URL
    0 64916

    元フランス特殊部隊長バーナー・バルビエ氏が、米国はサルコジ元大統領を大統領だった時に諜報していたという噂を裏づけた。

    バルビエ氏は、2012年フランス大統領官邸であるエリゼ宮のコンピューターらからウイルスが発見されたと発言。フランス特殊部隊は調査を行い、その不正なソフトウェアは米国人により起動されたと判明した。

    2013年バルビエ氏は米国家安全保障局長との会談のためワシントンに飛んだ。同氏によると、フランスの特殊部隊が米国の監視から抜け出せるとは予期していなかったという。

    米特殊部隊が諸他国政府を監視しているという情報は、ウィキリークスが米米国家安全保障局は欧州高官筋のスパイをしていると示すデータを公開した15年度夏に現れた。

    関連:

    米国はフランスの大統領や閣僚の電話を盗聴していた
    ハッカー 再び金融システム「SWIFT」を攻撃。顧客の銀行に損失
    タグ
    ハッカー, 米国, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント