23:51 2017年11月23日
東京+ 11°C
モスクワ-3°C
    スプートニクがジャーナリストスクールを開校、18国から参加

    スプートニクがジャーナリストスクールを開校、18国から参加

    © Sputnik/ Alexander Kryazhev
    社会
    短縮 URL
    224460

    国際情報通信ラジオ局スプートニクが国際ユースジャーナリストスクールを開校。スクールは9月5日から8日まで実施される。

    今年はキューバのプレンサ・ラティーナ通信、ブラジルのアゲンシア・ブラジル、メキシコのノティメックス、インドのプレストラスト・オブ・インディアやIANS、イランのMENR、韓国の聯合ニュース、中国のチャイナデイリー紙、レバノンのアル・マヤデエンTV、インドのオールインディアラジオ局、仏のレ・ ヴァリョールザクチュエール誌、伊の日刊紙ラ・スタンパなど、18カ国の40のマスコミから若いジャーナリストらが集まった。

    2016年のジャーナリズムスクールの主要テーマは最新メディアの発展、放送の新フォーマット、ソーシャルネットがマスコミに及ぼす影響。

    スプートニク国際放送部のアントン・アニシモフ部長は「スプートニクは最新のマルチメディアフォーマットを用い、30を超える言語環境でソーシャルネットを積極的に活用している。全世界から集まった若いジャーナリストらとこうした大きな経験を分かち合えるというのは素晴らしいことだ」と語っている。

    なお、6月6-7日にMIA「ロシア・セヴォードニャ」が主催するフォーラム「ジャーナリズムの新たな時代・メインストリームとの別れ」が開催された。

    関連:

    誰もが情報の発信者になれる時代、ジャーナリストとは誰のこと?
    プーチン大統領 MIA「ロシア・セヴォードニャ」75周年を祝う(動画)
    スプートニク含む外国メディア記者180人、北朝鮮労働党の大会に到着
    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント