16:14 2017年09月20日
東京+ 24°C
モスクワ+ 12°C
    テレビ

    日本人とロシア人:広告の影響を受けやすいのはどちら?

    © Fotolia/ Marcociannarel
    社会
    短縮 URL
    151970

    わずか6%のロシア人だけが広告の影響を受け、様々なブランド品を買うときに社会的ステータスを気にする。

    このような結論に至ったのは、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、インド、日本、ロシア、英国、米国という9つの大国の購入者の行動の特色を分析した企業「Euromonitor」だ。

    消費者行動が最も控えめなのは実用主義の英国(7%)次にフランス(8%)。そして見栄のため買い物する国は上からインド(25%)、ブラジル(22%)、日本(17%)。自らの社会的ステータスを非常に強く気にしている国にはまた、中国(16%)、米国人(11%)がある。

    同企業は購買者を全部で次の5つのタイプに分けている。広告に熱心で、有名ブランドを選ぶ「目立ちたがり」(購入者総数のうち13%)、新しいものを試すことを恐れない「実験家」(18%)、割引を愛する「お得ハンター」(23%)、注意深く選択にアプローチする「合理的な人」(20%)と「倹約家」(26%)だ。

    先に伝えられたところによると、フィリピン人画家のエビゲイル・ディアズさんはアニメやビデオゲームのヒロインたちを蘇らせた

    関連:

    国境は家の玄関!ロシア人慶大生、日ロ友好促進団体立ち上げ
    ロシアでオウム真理教がダーイシュ(IS)と同等のものとされる
    タグ
    日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント