21:48 2019年12月13日
仏教の指導者に女性がなる可能性

仏教の指導者に女性がなる可能性

© AFP 2019 / Lobsang Wangyal
社会
短縮 URL
173
でフォローする

チベット仏教の指導者ダライ・ラマ14世は、将来ダライ・ラマには女性がなる可能性があると確信している。RIAノーボスチが報じた。

ダライ・ラマ14世はラトビア・リガで行われたバルト諸国とロシアの仏教徒のための第14回法話で次のように述べた。

「今日、世界には協力と愛が足りない。このような時代には、慈悲と愛を育てる授業を行うことが非常に重要で、我々にはそのようなプログラムが必要だ。女性は生来的に生き物の苦しみをより感じやすい。それゆえ、女性たちは社会生活でより活発な役割を果たす必要がある。もしダライ・ラマが人類に大きな利益をも足らせるならば、そのダライ・ラマに女性がなることも、当然可能です」

ダライ・ラマ14世はまた、女性ラマの伝統はチベットで数百年前に現れたと指摘した。

先に伝えられたところでは、日本政府は、明仁天皇の退位後、どのような身位(身分)として位置づけるかとの問題を検討しているという。

関連:

ダライ・ラマ「私は今もマルクス主義者」
仏教会襲撃 イスラム教徒コミュニティは襲撃犯の埋葬を拒否
ロボット僧侶、仏教を説く
タグ
ダライ・ラマ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント