13:45 2018年10月22日
オバマ夫人のデザイナー、トランプ夫人のドレス製作を拒否

オバマ夫人のデザイナー、トランプ夫人のドレス製作を拒否

© AFP 2018 / Timothy A. Clary
社会
短縮 URL
2219

米国ファーストレディのミシェル・オバマ夫人に服を提供したことがあるデザイナーのソフィー・テアレ氏はツイッターで公開書簡を投稿し、その中で、トランプ次期大統領の妻メラニアさんと働くことを拒否している。

書簡では、ブランド「ソフィー・テアレ」はあらゆる差別と偏見に反対すると述べられており、さらに、デザイナー自身が米国の移民だと書かれている。

「私が次期ファーストレディに服を作ったり、何らかの方法で協力することはない。彼女の夫が選挙戦中に浴びせかけた人種差別、性差別、外国人嫌いのレトリックは、私が指針としている価値観と相容れない」とテアレ氏は書いた。

テアレ氏は他のデザイナーに、彼女の例に従って、メラニアさんと働かないよう呼びかけた。

先に米国のメディアが次の見方を示した。それは、オバマ米大統領は自身の外遊を、米露関係を損ねるために意図的に計画した。これはトランプ次期米大統領の生活を困難にすることを意味しているというもの。

関連:

ブルームバーグ:トランプ氏の勝利は米国経済にとって「光明」
トランプ氏、次期CIA長官と米国検事総長を正式に発表
インディペンデント紙:オバマ大統領は意図的にトランプ氏に害を与えることを決めた
タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント