11:41 2018年09月24日
死刑執行の部屋

米国 死刑注射を打たれながら生き残った犯罪者に再び死刑執行

© AFP 2018 / Jiji Press
社会
短縮 URL
0 57

米国で、死刑判決を受け、死刑のための注射を打たれながら死ななかった犯罪者、ロメル・ブルームに、再び死刑が執行された。ブルームは、最初の注射による死刑執行後、生き残った際、米最高裁に上訴したが、訴えは斥けられた。

日本強殺、元従業員に死刑判決…直接証拠なし
© AP Photo / Katsumi Kasahara
2009年、オハイオ刑務所の職員が、死刑執行のため、ブルームに18回静脈注射を試みたが成功しなかった。ブルームは、宣誓供述書がとられた際「自分は、死刑の執行を助けようとして腕の止血帯を自分で締めた」と述べている。

死刑執行後生き残った犯罪者を、再び処刑したのは米国では今回初めて。

関連:

熊本の女性2人殺害で死刑執行
サウジアラビア、王子が死刑
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント