07:00 2018年02月19日
東京+ 3°C
モスクワ-3°C
    ダイアナ元妃死去20年 ロンドンで「ファッションストリー」をテーマに衣装展

    ダイアナ元妃死去20年 ロンドンで「ファッションストリー」をテーマに衣装展

    © Fishki
    社会
    短縮 URL
    115

    1997年に、ダイアナ元妃がフランス・パリの自動車事故で亡くなってから、今年8月で20年目となるが、ロンドンの彼女の邸宅だったケンジントン宮殿では、24日から展示会「ダイアナ 彼女のファッションストーリー」が開かれる。産経新聞が報じた。

    展示会では、ダイアナ妃が愛用した衣装や、彼女の所謂「ファッションストーリー」が紹介される。チャールズ皇太子との婚約記念の写真撮影で着用したピンクのブラウス、1985年ホワイトハウスで行われた夕食会で米俳優ジョン・トラボルタ氏とダンスした際着用したベルベットのイブニングドレス、89年に香港を公式訪問した際着た米歌手エルビス・プレスリー氏の襟の立った白い衣装に似た「エルビス・ドレス」なども、思い出の25点が特別展示される。

    ケンジントン宮殿に住む長男ウィリアム王子と次男ヘンリー王子も今回の企画に賛同、展示は約2年間続く。

    現在宮殿に住むダイアナ妃の元デザイナー、ジャスパー・コンラン氏は「彼女とはいつも衣装が、どのようなメッセージを発するか議論した。彼女にとって衣装はまさに言葉だった」と述べている。

    タグ
    英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント