15:00 2018年09月20日
ロシアの障害者の少女が憧れのロナウドと 全世界と喜びをシェア【写真・動画】

ロシアの障害者の少女が憧れのロナウドと 全世界と喜びをシェア

© REUTERS / Darren Staples
社会
短縮 URL
191

ロシアで開催中のサッカーのコンフェデレーションズカップで障害を持った少女との感動的な話が誕生し、ファンたちを大いに沸かせた。ポルトガル対ロシアの試合で少女は試合開始前のフィールドに連れ出され、大スターのクリスティアーノ・ロナウド選手との面会を果たした。

スプートニク日本

少女の名前はポリーナ・ハエレディノヴァちゃん(10)。ポリーナちゃんは車椅子から全く動けないため、フィールドのロナウド選手のもとには友達が車椅子を押して連れて行った。その場面を撮影した写真にはポリーナちゃんの顔が幸せのあまり光り輝いているのが見て取れる。そのシーンに観客席中が感動の渦に包まれた。

ロシアの障害者の少女が憧れのロナウドと 全世界と喜びをシェア
© REUTERS / Maxim Shemetov
ロシアの障害者の少女が憧れのロナウドと 全世界と喜びをシェア

ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。

ポリーナちゃんは「こんなにすごいことになるとは思いもよらなかった。クリスティアーノ・ロナウドは本当に素晴らしい人だわ! 自分のジャンパーをプレゼントしてくれて、幸運を祈ってくれたの。考えられないほどの気持ちのうねりのなかでロシアを必死で応援した。こんな気持ちを味わったのは初めて!」ポリーナちゃんはFIFA広報部からのインタビューにこう答えた。

  • ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。
    ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。
    © REUTERS / Maxim Shemetov
  • ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。
    ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。
    © REUTERS / Darren Staples
  • ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。
    ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。
    © REUTERS / Maxim Shemetov
1 / 3
© REUTERS / Maxim Shemetov
ふたりはロシアとポルトガルの国歌詠唱の間静止し、そのあとロナウド選手はポリーナちゃんにキスをすると自分のジャンパーをプレゼントした。

ポリーナちゃんは自分のうれしい気持ちをみんなと分かち合おうとSNSにそのシーンを掲載している。

 

それより前にスプートニクはコンフェデ杯の開幕戦の最もセクシーな女性ファンたちについて伝えた。

タグ
サッカー, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント