20:27 2018年10月21日
サハリンで旧日本軍兵士の遺体が見つかる

サハリンで旧日本軍兵士の遺体が見つかる

© AP Photo /
社会
短縮 URL
1131

青年団体「捜索連合『アヴィア・ポイスク』」によるロシアSNS「フコンタクチェ」での発表によると、捜索隊がサハリン(樺太)で旧日本軍兵士の遺体を発見した。遺体は日本に引き渡される。

スプートニク日本

発表には「サハリン州のスミルニホフスキー地区でのフィールドワーク中、ベルブリュード山の東方にあるポベディノ村から4キロの地点で『ピオネール』と『ポベーダ1945』基金そして『アヴィア・ポイスク』捜索部隊からなる捜索隊と、軍事愛国キャンプ『ポイスク』の参加者により、旧日本軍兵士の遺体が発見された」とある。

捜索隊によると、ブーツと有坂銃の弾薬付きのクリップ、財布の破片と喫煙パイプが一緒に見つかった。

「今後、遺体は日本側に引き渡される。」

タグ
日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント