03:06 2018年07月23日
露消費監督庁が日清カップヌードルに遺伝子組み換え食品を発見

露消費監督庁が日清カップヌードルに遺伝子組み換え食品を発見

© Flickr/ Stefan van Bremen
社会
短縮 URL
11355

ロシア消費監督庁が米国の工場で生産された日清カップヌードルを調べた結果、遺伝子組み換え大豆が使用されていることを明らかにした。同庁のサイトが発表した。

スプートニク日本

それによれば、米国、ガーデナCAの工場で製造されたビーフ味の日清カップヌードルに全体の重量の9%を超す遺伝子組み換え大豆が使われていることがわかった。

日清カップヌードルのパッケージには遺伝子組み換え食物が使われているとの表示はない。これは関税同盟の技術的規制の要求項目に違反する。

この状況については連邦関税庁に報告がなされており、ロシア消費監督庁はすでに全国の支部にこの食品の回収を命じている。

関連ニュース

日本生まれの即席ラーメンが米国の受刑者たちの間でタバコに代わる「通貨」に

遺伝子組み換えの有害性に関する3つのデマ

タグ
食べ物, 食事, 健康, 遺伝子組み換え作物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント