11:54 2020年12月04日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

米国に住む夫婦が、1000ドル(約11万円)を宝くじで当てたと思い換金に向うと、なんと100万ドル(約1.1億円)を受け取った。UPIが報じた。

スプートニク日本

シンディ・ウリさんは数年間、宝くじ「Hoosier Lottery」を週2回買っていた。掃除中、シンディさんは9月23日分の宝くじを見つけ、1000ドル分の当たりくじだと判明。

シンディさんは夫のスティーブさんに、換金場所に向う必要があると述べた。くじを渡された換金所の職員は、これほどの額に当選した気分を尋ね始めた。シンディさんが質問に答える間、スティーブさんは、0の数が予期していた2倍であることに気づいた。

「これ、1000ドルじゃないぞ」スティーブさんは妻を遮り述べた。

すると宝くじ側も、宝くじは6つの数字のうち5つが一致しており、当選額は100万ドルだと述べた。放心状態の夫婦は、金の使いみちを決めかねていると述べた。

スプートニク日本

宝くじで1億円当選の男性、3週間後に死亡 米国

カジノ、米国女性に4300万ドルの賞金引き渡しを拒否

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント