09:55 2020年04月02日
社会
短縮 URL
212
でフォローする

大麻育成スタートアップ「Seedo」のランキングによると、モスクワはマリファナ消費量で9位に入った。この調査「2018 Cannabis Price Index」では、各都市のマリファナ消費水準と1gあたりの価格が比較された。

スプートニク日本

モスクワでは年間22.87トンのマリファナが吸われている。1位はニューヨークで、2017年には77.44トンのマリファナが消費された。

​モスクワではマリファナは1グラムあたり11.84ドル(約1300円)。最も高いのは東京で32.66ドル。それに韓国・ソウル(32.44ドル)、京都(29.65ドル)が続いた。マリファナ最安値はエクアドル首都キトで確認され、値段は平均1.34ドル(約150円)だった。

​関連ニュース

ギリシャ、大麻の産業生産に取り組みへ

世界初、マリファナ完全合法化の国が出現

タグ
健康, 研究, 調査, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント