06:00 2018年12月11日
イスラエル、米が宇宙で迎撃可能なミサイル防衛システムを実験

イスラエル、米が宇宙で迎撃可能なミサイル防衛システムを実験

© AP Photo/ Israel Aircraft Industries
社会
短縮 URL
827

イスラエルは19日未明、宇宙で弾道ミサイルを撃ち落とせる長距離迎撃ミサイルシステム「アロー3」の発射実験を行った。イスラエル国防省がツイッターで明らかにした。

スプートニク日本

実験は国営防衛・航空大手のイスラエル・エアロスペース・インダストリーズと空軍によりイスラエル中部で行われた。

発射には米国からの代表者が立ち会わせた。米国のミサイル防衛機関もこの開発に携わった。

国防省は、アロー3が「任務を遂行した」と発表した。
アロー3は、弾頭の直撃により標的を破壊するヒット・トゥ・キル(hit-to-kill)方式を採用。専門家は衛星攻撃兵器としても利用可能だと見る。

イスラエルのミサイル防衛にはすでにパトリオットや「アロー2」が配備されている。その中間段階での撃墜には70キロから300キロまでの迎撃高度を持つ「ダビデ・スリング」がある。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, イスラエル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント