20:34 2019年11月15日
米兵による性暴力被害者、米軍犯罪への対策強化を求める

米兵による性暴力被害者、米軍犯罪への対策強化を求める

© AFP 2019 / Choi Jae-Ku
社会
短縮 URL
0 111
でフォローする

日本で米兵に暴行された女性は、在日米軍の軍属による犯罪被害者を守る措置を強化するよう日本政府に求めている。

スプートニク日本

キャサリン・フィッシャーさんは6日、議会で外務省と防衛省の職員と1時間面会した。

オーストラリア出身で日本に長く住むフィッシャーさんが性的暴行の被害を受けたのは2002年。日本で損害賠償を請求する民事訴訟を起こし、支払を命じる判決を勝ち取った。しかし検察は刑事責任の追求を拒否した。

一方、加害者の米兵は裁判中に帰国して行方をくらました。だがフィッシャーさんは男の所在を突き止めた。 

フィッシャーさんは2012年、ウィスコンシン州ミルウォーキー郡巡回裁判所で加害者のブローク・ディーンズを提訴し、日本での勝訴判決を認めるよう求めた。フィッシャーさんは2013年に勝訴したが、賠償金はわずか1ドルだった。勝利判決を確実にするためだと彼女は述べる。

関連ニュース

日本全国の治安情報をインターネットマップ上で表示

世界で一番女性が輝ける国は? 最適な条件の国リストが発表

タグ
日米関係, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント