03:35 2018年08月16日
ロシア初のセックスドール・ホテル モスクワで開業へ

ロシア初のセックスドール・ホテル モスクワで開業へ【写真】

© Depositphotos / Katalinks
社会
短縮 URL
14416

ロシア初のセックスドール・ホテル「Dolls Hotel」が4月末にもモスクワにオープンする。このホテルの営業は法の認可を取得している。支払いシステムは時間制で、超ハイテクでかつ人肌の温もりを持つ人工頭脳セックスドールが接客してくれる。同ビジネスの考案者らは、ロシアおよびCIS全域にセックスドールとのラブホテル経営ビジネスを展開すると意気込んでいる。

スプートニク日本

「Dolls Hotel」ができるのは高層ビルの立ち並ぶビジネス街として有名な「モスクワ・シテイ」の近く。起業したドミトリー・アレクサンドロフ氏いわく、インターネットによる世論調査ではロシア国民の3分の1が性生活に不満を抱えている。これがアレクサンドロフ氏が、セックスドールとホテルを抱き合わせたビジネスの成功は間違いなしと確信する理由となっている。またロボット相手の合法的なビジネスは女性らが酷使されている闇の性産業の代替案となる可能性も秘めている。

部屋代はセックスドールのレンタルなしで1時間1500ルーブル(およそ2647円)から2500ルーブル(およそ4412円)だが、セックスドールのレンタル付きで部屋を借りる場合は5000ルーブル(およそ8825円)。

一足先にスペイン、バルセロナで同様のホテル「LumiDolls」を開業したセルジ・プリエットさんは、今回のモスクワの同業者の成功を疑っていない。プリエットさんは欧州ではこの種のビジネスはすでに人気を博しており、2033年までに世界で行われる性行為の10分の1がアンドロイドを相手としたものになるとの調査予測を指摘している。

タグ
ロボット, モスクワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント