03:23 2018年09月19日
ペルミ市

偉大なロシア語の豊かな罵詈雑言 使用頻度の高い都市が調査

© Sputnik / Maria Vashuk
社会
短縮 URL
222

豊かなロシア語はその罵詈雑言、卑猥な言葉の多様性でも世界で抜きんでていることで有名だが、それを一番頻繁に用いられている都市の社会学調査が行われた結果、ペルミ市が「名誉」に輝いた。調査を行ったマーケティング調査のズーム・マーケット社が発表した。

スプートニク日本

2位はヴォロネジ、3位はイワノヴォ、4位がオレンブルグ、5位タンボフ、6位チェリャービンスク、7位ケメロボ、8位ブリャンスク、9位ロストフ・ダ・ヌー、10位リペツクとなっている。

モスクワは19位、サンクトペテルブルクは23位、最下位にはタタルスタン共和国のカザンが入った。

調査は18歳から54歳の3千人を対象として実施された。設問は「あなたは罵詈雑言、卑猥語を用いますか?」「どれくらい頻繁にそうした言葉を使いますか?」「今日は罵詈雑言を吐きましたか?」の3問。

ロシアの罵詈雑言は「マット」と呼ばれ、侮辱する表現で卑猥な言葉も含まれる。これは社会公共の場所、放送では用いることが禁じられている。

関連ニュース

タグ
番付・ランキング, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント