11:46 2018年11月18日
グレートバリアリーフ

オーストラリア、グレートバリアリーフを救うために空に塩を撃ち放つ可能性を検討【写真】

© Depositphotos / Filipefrazao
社会
短縮 URL
112

オーストラリア当局は、同国で最も人気のある観光スポットの一つである世界最大級の珊瑚礁地帯グレートバリアリーフを地球温暖化の影響から救う新たな方法を試すと発表した。デイリー・メール紙が報じた。

スプートニク日本

報道によると、その結晶が太陽光を反射し、分散させると期待される塩を雲に撃ち放つ可能性が検討されている。

また学者らは、例えば、それでサンゴ礁を覆うよう提案されている生物分解性のソーラースクリーンを使用するなど、サンゴ礁を崩壊させる温度を下げるための様々な方法も検討しているという。

  • グレートバリアリーフ
    グレートバリアリーフ
    © AFP 2018 / Sarah Lai
  • グレートバリアリーフ
    グレートバリアリーフ
    © REUTERS / David Gray
  • グレートバリアリーフ
    グレートバリアリーフ
    © REUTERS / Greenpeace/Brett Monroe Garner
1 / 3
© AFP 2018 / Sarah Lai
グレートバリアリーフ

関連ニュース

グレートバリアリーフ保護へオーストラリアが対策

良好状態のサンゴは1% 日本最大のサンゴ礁で

タグ
地球温暖化, 自然, 環境, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント