14:57 2018年08月21日
チーズ

世界で最も嫌な臭いトップ5

© Fotolia / Pavlo Vakhrushev
社会
短縮 URL
0 31

科学技術サイト「Science Alert(サイエンス・アラート)」は、先に行われた調査を基に、世界で最も嫌な臭いランキングを発表した。

スプートニク日本

1位は、硫化水素の臭い。腐った卵やウランの臭いだ。

2位は、果物のドリアン。ドリアンには44種類の活性芳香族化合物が含まれており、腐った卵からカラメルまでまったく異なる臭いが一つにまざっている。最近オーストラリアの大学で、ドリアンの異臭が原因で学生やスタッフが避難する出来事があった。

3位は、植物のラフレシア・アルノルディイ。魚が腐敗した時のような腐敗臭を放って受粉を行う虫を引き寄せている。

4位は、最も臭いの強い食品とされる「ビュー・ブローニュ」チーズ。

5位は、コアリクイの臭い。スカンクの数倍と言われる悪臭を放って敵から身を守る。

関連ニュース

道路が最も悪い国と良い国が発表される

ロシアで最も汚れた地域ときれいな地域が明らかに

タグ
番付・ランキング
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント