16:01 2018年09月21日
女性の肺にペンのキャップ、そのまま40年生活

女性の肺にペンのキャップ、そのまま40年生活

© Fotolia / PIC4U
社会
短縮 URL
0 20

中国・山東省に住む女性の肺から、40年前に女性が飲み込んだペンのキャップが発見された。デイリー・メール紙が伝えている。

スプートニク日本

同紙によると、49歳のこの女性は、腹部の痛みを訴えて医師に相談。当初は骨盤の器官の炎症が疑われたが、レントゲン検査の結果、胸腔に黒い影があることが分かった。CT検査により、右肺の下の部分に異物があることが確認された。内視鏡による手術の過程で、該当部分からペンのキャップ1つが取り出された。

女性は、9歳の時に学校で、一緒に机に向かっていた生徒と遊んでいた際に、キャップを偶然飲み込んだと証言している。当時、親戚らが女性を病院に連れて行ったが、医師らは目立った症状を発見できず、キャップが既に体内から排泄されたと結論付けた。実際には、キャップは肺の中に残り、女性が30歳の時から患ってきた咳の発作の原因になったとみられている。

関連ニュース

英眼科医、女性の目からコンタクトレンズなんと27枚を摘出!

10センチ大ワームを女性の顔の肌の下から摘出 ロシア

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント