10:15 2018年09月21日
タイ、サッカー少年の洞窟からの救出劇が映画化へ

タイ、サッカー少年の洞窟からの救出劇が映画化へ

© AP Photo / Courtesy of Elon Musk
社会
短縮 URL
0 03

タイ出身の映画監督のトム・ウォーラー氏は、6月に長期にわたってタイのタムルアン洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの12人の少年とコーチの事件を映画化する。作業は11月に開始される。

スプートニク日本

映画のタイトルは『洞窟』。トロントの国際映画祭にはすでに制作プロジェクトが提出されている。ウォーラー監督はシナリオは大筋で出来上がっていることを明らかにしているが、製作費および俳優構成については不明。

バンコクポスト紙によれば、現在、プロデューサーらは事件現場となっ洞窟を含め、タイ領内での映画撮影の許可を申請中。制作は米テレビ局「ピュア・フリックス・エンターテイナメント」が行う。

6月23日、タイのサッカーチームの少年12人とコーチ1人が行方不明になった。少年とコーチは大雨で増水した全長およそ7キロのタムルアン洞窟に閉じ込められていた。捜索活動は10日間にわたって続けられた。なお全員無事で発見されたが、お腹を空かせて衰弱していた。

関連記事

タイの洞窟でコーチがサッカー少年に平静を保つために瞑想を教える

洞窟から子供らを救出し疲労した救助隊員の写真、「スーパーヒーロー」として世界を魅了

タグ
タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント